これはヤバイ!10万ドルを賭けたビリヤード対決動画が凄すぎる! | うぇぶ小屋

これはヤバイ!10万ドルを賭けたビリヤード対決動画が凄すぎる!

これはヤバイ!10万ドルを賭けたビリヤード対決動画が凄すぎる!

こんにちは、@webgoyaです。

今回はビリヤード界において今でも語り草になっている伝説マッチ「1996 The Color of Money」のyoutube動画を紹介します。

1996年舞台は香港、ビリヤード界の二大巨頭であるエフレン・レイズとアール・ストリックランドがナインボール120セット先取りで対決します。

動画はダイジェスト版で見どころのシーンをBGMに乗せて編集してあります。
スーパープレーの連続なので、ビリヤードに興味がない方でも楽しめるのではないでしょうか。

派手なものから玄人好みの渋いものまでいろんなプレーが出てきますが、もちろんどのプレーもまぐれやラッキーといったものではなく、テーブル上の球の動きは全て計算されています。

【Wikipediaより一部抜粋】

Efren Reyes(エフレン・レイズ)
フィリピン・パンパンガ州出身。同州アンヘレスに居住。

愛称は「BATA」。

魔法のように自由に球を操ることから「The Magician」とも呼ばれる。
卓越したその力量から「ビリヤードの神様」と形容される。

プロプレーヤーに、「リスペクトするプロプレーヤーは?」と問うと、9割以上がレイズの名を答える程、人気・実力共にNO.1。

人柄も良く、その子供の様な屈託のない笑顔は「エフレンスマイル」と呼ばれ皆に愛されている。


Earl Strickland(アール・ストリックランド)
アール・ストリックランドはプロビリヤード選手。
アメリカ合衆国・ノースカロライナ州・ローズボロ出身。

「the Pearl」「100万ドルの男」の異名を持つ。
USオープンを5度優勝、世界ナインボール選手権を6度優勝しており、CUE'Sによればこの記録は永久に破られることはないとされる。

輝かしい実績を持つ一方で、キューを叩きつける、ビリヤード台に上る、客を睨みつける、プレイ中に大きい声を出す、試合が終っていないのに勝利したかのような喜びを見せるなど、マナーが悪い選手としても有名である。

エフレン・レイズの項目にある質問、「リスペクトするプロプレーヤーは?」の答えは、「自分」。






この試合、レイズは終盤104-87という大差をつけられながらも、最終的に120対117で勝利した事でも話題になりました。

勝負が終わったあとの二人が対照的な事…。
関連記事

スポンサード リンク

TwitterやFacebookページでは日々うぇぶ小屋が気になった情報(ウェブ制作・運営、ブログの収益化に関する事が多い)をつぶやいていますのでこの機会にぜひ"フォロー"または"いいね"をよろしくお願いします。


Twitterアカウント → @webgoya
Facebookページ → webgoya
RSSフィードを配信しています → RSS購読はこちら

タグ/ おもしろ
コメント一覧
この記事にコメントを残す
管理者にだけ表示を許可する

人気記事

最新のエントリー

カテゴリ

ライター募集!